スバルR2、ホンダBEAT売り出し中。

年度末もあってか、この時期車の売買が活発化してる気がします。

知人の売却希望情報を載せておきます。
スバルのR2(4WD,CVT)36000キロくらいの走行で、外装修理暦あり。

車検1年ちょっと残ってます。IMAG0612t.jpg
結構オススメ。込みこみ40万以下です。

あと、ノーマルではありませんがシルバーのBEATを手放す方もいます。

興味ある方がいたらご一報下さい。
先に売れることもありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト

部品点数

10年以上前の折りたたみ自転車、しばらく放置して錆び錆びになってました。
チェーン固着、変速不動、フロントブレーキワイヤー切れで乗れない状態。
P1050405s.jpg
P1050408s.jpg
捨てようかとも思いましたが、変速の修理をしなければ安く直せるなと思い直しまして。
チェーンとブレーキワイヤーだけ買ってくればいいんですもんね。工具はあるし。
P1050406s.jpg
変速は直さないので一般車用で十分。ちょっとだけ安い。
P1050407s.jpg
変速機を無視して(笑)6段のうちの5段目に固定。
近所を乗りまわすくらいならこれで十分です。
この後ブレーキワイヤーも交換してしっかり走るようになりました。

------------------------------------------------------------------------

さて、「部品点数」というタイトルなんですが、ここからは非常に個人的な見解なので
あまり深くつっこまないで下さい。

今回は自転車でしたが、変速機という部品(機能)を捨ててシンプルに修理しました。
バイクにしても、車でも電化製品でも、構成する部品点数が増えると故障する可能性(リスク)
は当然増えますよね。
昔の車とか電化製品は構成がシンプルなので、素人でもある程度修理、メンテナンスが出来ます。
昔の製品が「こわれない」というよりも、「壊れるリスクが少ない」だけですよね。
今の製品は部品点数は多い上に小型化され、また一部の電子部品の質の低下も相まって
「こわれやすい」のだと考えます。

自分の場合はシンプルなものが好きなので、車はマニュアル、パワーウィンドウもいらない派ですが、
技術の進歩を否定しているわけではありません。
特に障害をもつ人にとっては技術の進歩はかなり有益と考えます。

その上で、自動車のマニュアルの意義の一部を考えたいと思います。
最近のかしこいATなら別ですが、MTのほうが悪路(雪とかも)でのコントロール性にすぐれます。
ATよりちょっと軽いです。利点を挙げだすと結構あるのですが、
個人的には「MTはATよりも踏み間違い事故が少ない」と考えます。
これは全てのAT車に「踏み間違い防止装置」が付く時代になればどうでもいい話なのですが、
現状はそうではありません。

高齢者が駐車場等で踏み間違えて突っ込む事故はかなりあります。
人間はとっさの時には両足をピンと突っ張ってしまいます。
MTでは左足でクラッチを切る操作に繋がる可能性があるので、加速して突っ込む可能性は低く、
惰性でゴツンとあたるくらいのことが多いでしょう。

個人的に問題だと思うのは、今のATは全車に安全装置が装備されていないのに
健常者に対してもAT限定免許を設置したことにあると思っています。
というのは、「エンジン」という巨大なパワーを生み出すものと、それをタイヤの回転に
繋げる部分を人間の力で簡単に切ることができる「クラッチ操作」という、
実は自動車における非常に重要なシステムに関して、ATしか知らない人は全く無知です。

交通システムが完全に自動化されるまでは、自動車を運転するには最低限の知識が
必要だと自分は考えます。こんなパワーを持ったのものはちょっとしたことで殺人マシーンに
なってしまうのですから。そのために教習所等で勉強、試験をするわけですが、この「クラッチを切る」
という操作、感覚に関してはAT限定で取った場合に備わらないのは、今のシステム上しょうがないです。
そもそも機械音痴で不器用な自分の親の世代の女性も問題なくMTで免許をとっていたのですから、
確かにATよりは難しいものの、慣れれば健常人の場合取得できるはずです。
容易に免許のハードルを下げたことは、日本においてATをより普及させたにも関わらず、
それに見合ったAT車の安全システムの構築が遅れたことにより、踏み間違い事故が後を絶たない
という結果を生んだ原因の一つではないか、と考えます。

以上、あくまで個人的見解で、マニュアル万歳ということではありません。

個人的にはシンプルなものが好き、といいながらも、最近の大型バイクなどにはABSが
装備されていたりするのはいいな、と思います。
安全に関する装備は、やはり一般道でのリスクを減らすという意味では重要ですものね。
「便利さ」は必ず何かを引き換えに奪うと思うのですが、その技術が結局どこに利用されるかによって、
利便さによって失ったもの以上の「有益さ」を獲得することも出来ると考えます。

バイクで例えると、どシンプルなもののほうが「操っている感」「いじる楽しみ」を味わえるが、
高度に電子制御されたバイクは「いじる楽しみ」はなくなるものの、安全性を手に入れつつも
「操っている味付け」を加味してあったりする。バイクで例えちゃうと、趣味性が高くなるので
結局「自分の好きなのに乗ればいいじゃない」になっちゃうんですけどね(笑)
プロフィール

さんちゃん

Author:さんちゃん
石川県在住。音楽、バンド、イベント、車、バイク、モータースポーツ、工作、PC(主にThinkPad、ASUS)、金沢のお店、過去の日記のまとめなどの内容です。

PA(小規模限定)、音響機材レンタルやってます。シンバルのサイズダウンカット承ります。
sryuushyouアットマークm9.dion.ne.jpまで連絡下さい。中古車探し、板金塗装のお手伝いもしてます。

ごちゃまぜなのでカテゴリから記事を見ていただけるとありがたいです。
ライブ情報がある時はトップに情報記事がありますので、最新記事はその下からになります。

ツイッターはsanchankanazawa
noidというバンドでドラム担当しています。
フカチャントサンチャンズのさんちゃんです。ソロでもパーカッション等やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR